空ヤ畑ノコトバカリ

sensukef.exblog.jp
ブログトップ

乾燥した場所のシソには葉ダニいっぱい

くるみ味噌の青シソ巻き揚げを作っているところ。
c0290656_19181300.jpg
いっぺんに150枚の青シソを使う、田舎のレシピ。
c0290656_19181922.jpg
自分にとっては、体力と気力を使う料理。

今日は青シソ栽培の備忘録。
義母さんが雨よけ栽培している青シソ。
c0290656_19193417.jpg
手前半分は寒冷紗をかけて、半日陰にしてある。
この効果が絶大。

半日陰の青シソ。
c0290656_19184385.jpg
みずみずしくて、表面も問題なくきれい。
c0290656_19182500.jpg
今日使う青シソは、半日陰エリアから採った。

で、こっちは日に当たりっぱなしの、日なたの青シソ。
c0290656_19183868.jpg
なんだかごわごわして、日焼けしたようなカサカサ模様。
c0290656_19183234.jpg
これ、葉ダニのしわざなんだって。
葉の裏面をみると、小さな小さな葉ダニが点々といて、動いていた。
台所で洗浄しても落ちきらず、気づかずに食べてることも多いと思う。
うちの場合は問題なし。

葉ダニはその辺に普通にいて植物の汁を吸っていて、乾燥すると増えるらしい。
義母さんはこうなると予想していたけど、寒冷紗が足りなくて放っておいたんだって。
自分がシソ巻き揚げを3回程度作ったら、全部抜いて捨てるって話していた。


[PR]
by sensuke001 | 2016-08-24 22:53 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sensukef.exblog.jp/tb/26088690
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。