空ヤ畑ノコトバカリ

sensukef.exblog.jp
ブログトップ

赤飯の作り方 2016年版

明日はお墓参り。
今日はお墓や仏壇に供える赤飯作り。
わが家の赤飯は、炊くんじゃなくて蒸す作り方。
今年は、作りながら写真いっぱい撮った。
遠くの友達にも、これなら作り方が伝わるかな。

材料と分量
・もち米    3合
・赤飯用の小豆 3合用ひと缶
 ※自分で小豆を煮た場合は、煮汁を0.7合くらい(軟らかいのが好きなら1合)。
  小豆固形分の量はお好みで。うちは乾燥状態の小豆で0.5合くらい。
c0290656_19093832.jpg
c0290656_19093381.jpg

作り方
1.もち米を研いで、たっぷりの水にひと晩浸けておく。短くても6時間くらいほしい。
c0290656_19094828.jpg
2.もち米をザルにあけて、水を切る。
c0290656_19094361.jpg
3.蒸し鍋の準備をする。
(1)底に水をはる。中底につかない程度にたっぷりと。
c0290656_19092968.jpg
(2)中底を入れる。
c0290656_19092488.jpg
(3)蒸し布を濡らして固く絞って、鍋に広げる。
c0290656_19091522.jpg
4.もち米を鍋に移して、蒸す。
(1)蒸し布にもち米を広げたところ。蒸気が通りやすいよう、真ん中をくぼませる。
c0290656_19091064.jpg
(2)蒸し布をぱたぱたたたんで、鍋の中に収納する。
c0290656_19090575.jpg
(3)ふたをして、強火で加熱開始。
c0290656_19085382.jpg
5.蒸し上がったもち米に小豆と煮汁を混ぜる。
(1)沸騰から12~15分、菜箸を差して蒸し上がったか確かめているところ
   『「ちゃくちゃく」と音がしなくなればOK』と、昔の人は言う。
c0290656_19122209.jpg
(2)火を止めて、もち米を大きなボウルに移す。熱いので注意。
c0290656_19084263.jpg
(3)熱々のうちに小豆缶投入。この缶は固形分100g、煮汁125g。
c0290656_19083106.jpg
   ボウルを傾けると、煮汁がしみだす。
c0290656_19082874.jpg
   米粒を潰さないよう、切るように、手早く混ぜる。
c0290656_19082288.jpg
   1分ほどで煮汁は米粒に吸収される。ボウルを傾けてもこのとおり。
c0290656_19140065.jpg
6.もう一度蒸す。
(1)蒸し布に戻しているところ。鍋底の水を補給しておくのを忘れずに。
c0290656_19081852.jpg
(2)強火にして、沸騰から5~10分蒸す。
(3)できあがり。
c0290656_19080623.jpg
   うちではゴマ塩をかけて食べている。砂糖はいっさい使わない。

・・・長々と書いちゃったけど、これでわかるかな?


[PR]
by sensuke001 | 2016-08-12 22:51 | できるかな | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sensukef.exblog.jp/tb/26061910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。