空ヤ畑ノコトバカリ

sensukef.exblog.jp
ブログトップ

大粒のブルーベリー収穫中

ブルーベリーに朝露。
c0290656_16502818.jpg
今は中生から晩生の品種を収穫中。
なんか変な光景だけど、硬貨とくらべてみたところ。
c0290656_16503606.jpg
こっちは「500円玉くらい大きくなる」という品種。
ついに今年は、同じ大きさになったかも。
c0290656_16503900.jpg
最近の品種はもともと大粒のが多いけど、うちは摘花・摘果でさらに大粒。
花が多い年、少ない年があっても、着果量は毎年同じくらいかも。

おととい6kg採ったあと摘む暇がなくて、今日も時間なくて500グラムだけ。
熟した実が樹にいっぱい残ったまま。
追われるように収穫して冷蔵して、ばくばく食べて、それでも余った分は冷凍して。
ブルーベリーの収穫は、まだ続く。


[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-25 22:52 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)

今年は豆がダメな年?

紫花豆の花。
c0290656_16112646.jpg
栽培するのは初めて。
花は少し前から咲いているけど、未だに莢になったのがない。
紫花豆って、そんなもんなのかなあと思っていた。
c0290656_16113065.jpg
そしたら、義母さんが「今年は豆がさっぱりだめだあ」だって。
エダマメは収穫しているけど、出荷できる量がいつもの年の半分くらい。
インゲンは実がつかなくて、抜いて捨てて、種を播きなおし。
つるありインゲンも実がつかなくて、抜いて捨てた。
紫花豆も、実がつかないから抜いて捨てて、もう種がないって!

自分の紫花豆も、実がつかない!
これって、なんでだろう。
天気のせい?
受粉する虫が来てないってことは、ないかな?
何が起きているんだろう。何が足りないんだろう。

もともと収量を期待していない、自分の紫花豆。
抜かずにこのまま、観察続行。
c0290656_16113326.jpg


[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-25 22:51 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)

水鏡

雨が降って降って降って降って、畑が水浸しになったところ。
水鏡に映るトマト。
c0290656_15572359.jpg
異常な大雨のピークは過ぎたみたい。
うちのあたりはこれで済んでいるけど、ほかの地域は大変なことになっている。
極端な天気が増えている感じ。


[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-23 22:52 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)

水没した「稲妻のとろろ」のブロッコリー

前日、「稲妻のとろろ」で移植したブロッコリ-。
その直後から大雨になって、排水の良くない水田転作畑は水浸し。
c0290656_15424371.jpg
この地域は、避難準備情報とか、エリアメールが次々に入る事態になっている。
水草状態のブロッコリ-苗、根っこが窒息してなきゃいいなあ。
c0290656_15424660.jpg
今年の野菜栽培は、難しい場面が多い感じ。


[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-23 22:51 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)

「稲妻のとろろ」でブロッコリー移植

ブロッコリーの苗を2列、植えたところ。
ここは今朝、枝豆を収穫し終わった場所。
トラクタで耕起作業を始めてから苗の移植終了まで、3人がかりで約30分。
c0290656_15222336.jpg
この農機具は、義父さん手作りのオリジナル。
c0290656_15222842.jpg
苗の植え穴を、均等にあっという間につけることができる。
c0290656_15223167.jpg
ブロッコリーの苗が大きくなったのに、忙しくて移植できないでいる義母さん。
今朝も空を見上げながら「雨が降るからできねえなあ・・・」と、ぽつり。
・・・・・いや、雨はまだ降りだしていない。
しかも今日は、今は、人手がそろっている。
急きょ、作業することにした。

一人がトラクタで耕起。
一人がその直後に穴つけ機を引っ張って行く。
一人がその穴にブロッコリーの苗をぽんぽん投げ込んでいく。
トラクタ係と穴つけ係が戻ってきて、苗の周りに土をよせてギュッ。
ギュッ   ギュッ   ギュッ   ギュッ   ギュッ  ・・・・・ 
約30分で植え付け完了、そして雨が激しく降りはじめた。

ホッとした義母さんがぽつり「あ~、稲妻のとろろだったなあ~」。
手伝った若手二人は「?????」。
想像したのは、稲妻がビガビガ光る中、全力でとろろ芋(長芋)をすりおろす場面。

ばあさま(義母さんの姑)が「稲妻のとろろで稼げ~!!」と言う人だったって。
すごく急ぐ農作業の場面で、その言葉を叫んでいたって。
意味は分からないけど、全力で作業したもんだって。
ちなみにばあさまは何もせず、義母さん義父さんだけが頑張ったんだって。

この言葉は、死んだばあさまのオリジナルだったのかな?
この地域で昔使われたのかどうか、近所のご長寿に尋ねたら分かるかな?
わけわかんないけど、全力出せ~って感じがすごく伝わる言葉だなあ~。

雨はさらに激しくなって、本当の稲妻が光った。


[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-22 22:51 | Trackback | Comments(0)

ハチクマが飛ぶそら

ハチクマ。
円尾、首長め、喉に黒班、初列風切りの先が黒、ハチクマだと思う。
不揃いな羽が多いのは、若鳥?それとも換羽中?
ブルーベリーを収穫しながら見上げたら、ゆったりと3羽が飛んでいた。
c0290656_14372964.jpg
両翼水平。
c0290656_14373635.jpg
英語名を調べてみたら、何種類か出てきた(英和辞典で調べた直訳付きで)。
crested honey buzzard(羽根飾りとか紋章がついた はちみつ ノスリ)
oriental honey buzzard(東洋の はちみつ ノスリ)
pern(ハチクマ)

ハチクマは、地中のスズメバチの巣を掘り返して食べる猛禽。
毎年見かけるから、この辺でスズメバチの巣を掘りながら繁殖しているのかな?
それとも、たまたま通りがかっただけかな?

3羽はしばらくの間、上空をぐるぐるしていた。
c0290656_14374194.jpg

[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-20 22:51 | いきもの | Trackback | Comments(0)

ミサゴが飛ぶそら

ミサゴ。
英語名オスプレイ(osprey)。
グミを収穫しようと木を見上げたら、その先の空に数羽が飛び交っていた。
何見てる?こっち見てる?
c0290656_18535880.jpg
こっちは模様がはっきりしない個体。
巣立ったばかりの若鳥だと思う。
多分親子なんだろうな。
c0290656_18540426.jpg
しばらくの間、ミサゴが飛び交った夏空。
c0290656_18535291.jpg

[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-12 22:52 | いきもの | Trackback | Comments(0)

鮎 きれいだな

アユ。
石の表面に体当たりするように、かじりついたところ。
c0290656_18254051.jpg
アユの群れ。
石の表面の藻を食べながら、ゆっくり移動していく。
この中に写っているアユ、18匹でいいかな?
c0290656_18245495.jpg
ずっと下流に釣り人さん5人。
暑くて暑くて暑くて暑いのに、アユ釣りはそれでも楽しいんだろうな。
c0290656_18250442.jpg
釣られないよう、釣れるよう、どっちも頑張って。



[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-11 22:51 | いきもの | Trackback | Comments(0)

グミは手間かかって捨てるの多いなあ

選別しおわったグミ。
つやつやきらきら、きれいだな。
c0290656_17571057.jpg
収穫したばっかりの時は、こんな状態。
葉っぱを取り除き、虫が入っているのを取り除き、軸も抜き取る。
c0290656_17571684.jpg
殺虫剤を使っていないせいで、わが家のグミは虫入りがすごく多い。
虫は小さな白いイモムシで、3割くらいの実に入ってるかな?
じつは成虫の姿をまだ見たことがない。
花が終わってすぐの頃、実になる部分に卵が産み付けられるらしい。
産卵された実はいびつな形になるから、見分けるのは簡単。
というか、せっかく採ったのに捨てる実が多すぎて、もったいないなあ。

そして軸を抜き取る作業は、集中力が要る。
実を最後に洗浄するから、実が潰れていると果汁が流れて無駄になる。
潰さないように軸を抜き取るには、実を持つ指先の力の入れ方を均等に。
丁寧に、丁寧に。

洗浄終わったら、今日は冷凍。
ここまで下処理しておけば、ジャムを煮る作業がいつでもすぐにできる。

夕暮れの光の中にグミの実。
まだ半分、木に残っている。
c0290656_17572037.jpg
あとの半分の収穫作業ができるのは、2日後かなあ。
c0290656_17572434.jpg

[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-10 22:52 | 農事メモ | Trackback | Comments(0)

晴天の雷 そして竜巻注意情報

暑くて暑くて暑くて暑い日。
勝手口側の日陰で、グミの実の選別作業中。
c0290656_17122434.jpg
午後2時42分、AMラジオに「じゃりっ」と雑音が入った。
その約2秒後、いきなり激しい雷鳴。
え~っ!?
どこに雷雲がある???
勝手口から見える東の空は、こんな感じ。
c0290656_17120882.jpg
真上を見たら、あらら?
暗い雲。
ラジオにまた雑音が入って、約1秒後に激しい雷鳴。
c0290656_17121419.jpg
西の空はこんな感じ。
暗い雲は真上にあって、西の空は開けていて、遠くに積乱雲。
c0290656_17122077.jpg
南東と北西から、低い雲が真上の暗い雲に向かって動いている。
やだー、これって、竜巻ができそう。

午後2時50分、竜巻注意情報が出たと伝えるラジオ。
周囲で一斉に鳴き始めたアマガエル。
にわか雨。
本当に来るのか?竜巻。

グミの作業場を家の中に移して、家中の窓とカーテンを閉めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夕方になって、竜巻注意情報は解除。
竜巻は来なかった。
あーどきどきした。



[PR]
# by sensuke001 | 2017-07-10 22:50 | 今日のそら | Trackback | Comments(0)